忍者ブログ
オンラインゲーム、メイプルストーリー桜サーバーの故パラディンのブログです。ここ数カ月はメイプルしてなし。リア系が多いです。
[198]  [197]  [196]  [193]  [192]  [190]  [188]  [187]  [184]  [183]  [182
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんかごろうちゃんと俺が付き合ってる説が出てますけど、残念ながらここから400~500km離れたとこにすんでますからね。
遠距離は無理っす。




前の記事に上げてた曲の賛同、ありがとでした~。

私もMすきー・3・」とか、「R36のCDのほとんどしってるよー」とか、21歳の人に言ってもらったのはありがたかったw少数派も居るモンですね。

かたや、タメのやつには、「(カラオケで)古い曲歌うなよw」とか「時代はアニソン」とか言われました。そいつと話し合った末、古い名曲で収まりました。うぬぅ、古いってのつけなくていいだろ…。
ちなみにこの前書いてた曲は、主に歌うやつで、アニソンなら他に、

涼宮ハルヒの憂鬱から、「ハレ晴れユカイ」、「GotKnows」、
ポケモン全般(OKとか好き)、
キューティーハニーのあれ、
タッチの主題歌「想い出がいっぱい」(H2O)、
「オンナのコ♡オトコのコ」

とかまあその辺なら…。結局あんまししらないっていうね。しかも、最後の、「オンナのコ♡オトコのコ」とか音程が高くてまずでない…。歌詞はおぼえてるんだけどなー。


「TOMORROW」、「旅立ちの日に」、「瑠璃色の地球」あたりは、卒業式とか合唱コンクールとかで歌ったから知ってるって人も多いかと思います。
「旅立ちの日に」は、私は特には歌ってないんですけど、何故か好き。
この曲ができるまでには色々とエピソードがあるそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当時校長だった小嶋(作詞)は、荒れていた学校を矯正して歌声の響く学校にすることを目指し、合唱の機会を増やした。最初こそ生徒は抵抗したが、音楽科教諭の坂本(現・高橋)と共に、粘り強く努力を続けた結果、歌う楽しさによって、学校は明るくなった。そしてその集大成として『旅立ちの日に』が生まれた。

「歌声の響く学校」を目指して3年目、坂本は「卒業する生徒たちのために、何か記念になる、世界にひとつしかないものを残したい」との思いから、作詞を小嶋校長に依頼した。校長の小嶋は自らが退職するその年に歌詞を書いた。坂本はその歌詞を受け取ると胸にかかえるようにして音楽室に向かい、15分後にはメロディーが出来上がっていた。1991年2月下旬のことであった。最初はたった一度きり、「3年生を送る会」で教職員たちから卒業生に向けて歌うための、サプライズ曲のはずであった。

しかしその後、この曲は歌い継がれ、しばらくは、その学校だけの合唱曲であったが、まわりの小中学校でも使われだしたことで、現在では全国の学校で歌われているにいたった。今までの卒業式の歌とは違い、親しみやすい歌詞が共感されている。当初は先生方が歌ったが、その翌年からは生徒が歌うようになり現在に至る。松井編曲のものには、混声三部版、混声四部版、女声三部版、同声二部版がある。


(Wikipedia「旅立ちの日に」より)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


あんましウィキには書いてなかった…。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この曲の生みの親は、今から14年前の当時秩父市立影森中学校の校長先生だった小嶋登先生と、当時音楽の先生だった坂本浩美先生クラスのまとまりもなく、荒れる学校を建て直そうと思い立った小嶋校長は「歌声の響く学校」にすべく、みんなで合唱をする機会を増やすことにした。初めはなかなか成果が表れなかったが、「歌には人の心を変えていく大きな力がある」と信じていた小嶋校長と坂本先生は粘り強く努力を続けたのだ。やがて生徒たちの心にも変化が芽生え、みんなで声を合わせて歌う楽しさから、いつしか学校も明るい雰囲気に変わっていったのだった。小嶋校長が目指した「歌声の響く学校」になったとき、その集大成として、小嶋校長が歌詞を作り、音楽の坂本先生がメロディーをつけて生まれたのが「旅立ちの日に」という曲であった。完成した曲は92年の3年生を送る会で、小嶋校長と先生たちによって、影森中学校の生徒の前で初めて歌われたのだ。実はこの年、小嶋校長は定年を迎え、自分にとっての卒業式でもあったのだ。この日のためだけに作られた「旅立ちの日に」という曲は、先生から生徒へ、翌年も歌い継がれていった。そして他校の先生たちにもこの曲は評判となり、全国の学校に広がっていった。

こちらフジテレビより)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ぬう、少し足りない気もするけど…。
私は合唱曲は何か心に残るモノがあるので好きです。




さて、2月6日金曜日。
今日はマリアの入試です。授業休みだぜフォー

1年前がなつかしいなー…。
勉強っていう勉強した覚えがないのは時間が経ったせいってことにしときます。

ニュースみてるとね、不景気、不景気で派遣の首切りとか社員リストラとか、今めっちゃ多いですね。「不景気だから公務員になりたい」って言ってる友達いますけど、そりゃなれたらいいけどさ。
両親が教師だから教師に限って言うけど、今採用自体がほとんどない状態。オヤジが高校の生物教師なのですが、生物に関しては今は2~3年に1回、3~4人程度しか募集してないんだとか。平成20年度の福岡県教員採用試験の倍率をみたらびっくり。
 

小学校   6.7倍
中学校   13.6倍
高等学校 21.5倍
養護教諭 16.5倍


21倍とかなにこれ…。
しかも何年かに1回しかその科目の試験がないやつとかあるのに…。
高校んときの国語の先生が言ってました。
「講師(教員免許はもってるけど採用試験に受かってない人)は、5年間は給料上がるけど、それ以上はあがらない。」

なんと、5年だったら2~3回しか受けるチャンスがないのに倍率21倍!
それ以上講師続けても給料は上がらない!

…。

怖いなぁ…。



ちなみに、小学校の教員採用試験の倍率が低いのは、

①小学校の先生に女の先生が多いので、結婚退職
②中学、高校のように専門ではなく全般ができなきゃなので教員免許の試験がむずい
③↑に書いたように、むずいのに給料が安いからあんまりなり手がない

とかが原因らしいです。


公務員を目指してる方、しっかりその職業の就職率とか倍率を見ましょうね。
とんでもない倍率で、あとで驚かなくていいように…。


で、めっちゃ話が飛びましたけど、やっぱ去年ギリギリだったけど看護の道に進んでて良かったと思います。フツーの大学いって、○○社に就職したいですとか言っても、なかなか難しい世の中になってきてるようなので…。やっぱしね、就職、就職に気を取られて勉強に実が入らなかったら学生の本分が満たせないんじゃないかなーって思います。まあ、いい会社に入りたいから勉強するってこともあるでしょうけど。


私の場合、今まで高校とかでね、やれ課題だの補習だのでなかなか「考える」時間がありませんでした。
人間にしかない「考える」っていう時間を潰すのはどうかなーと私は思います。
大学は自分で学ぶ場。
「考える」事が大事なんじゃないでしょーか。

だからどうしろとは言えないわけですけど…。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
霧軸
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1990/01/29
職業:
大学生(St.Mary's)
自己紹介:
HM:霧軸
スカイプは「kiriziku」までどうぞ。

WiFiポケモンバトル対戦者募集中。 詳しくはコチラ

カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
コメントありがとうございます。
[12/08 Mr.Q]
[11/29 清水比呂乃]
[05/05 kazumi]
[05/04 霧軸]
[04/15 kazumi]
カウンター
1日何人きてんだろ?

その他
「最新記事へ」「メール」です

最新記事へ戻る

管理人に用のある方はこちらからメールをよろです。

忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.